メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南極の氷河が水になる仕組み解明 温度高い海水が底に 南極・昭和基地近くで観測

白瀬氷河の先端部分(手前)と南極観測船「しらせ」=2017年1月21日、北海道大の小野数也さん提供

 南極の氷河が、底の方に流れ込む温度の高い海水であたためられて水になっていく仕組みを突き止めたと、北海道大などの研究チームが24日、科学誌ネイチャーコミュニケーションズ電子版で発表した。南極・昭和基地近くにある白瀬氷河での観測データを用いた。

 チームによると、南極には地球上の氷の約9割があり、全てが水になると海面が約60メートル上がるとされる。平野大輔北海道大助教は「大量の真水が海水に流れ込むと、海の循環にも…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文517文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まるでエヴァ? 「緊急事態宣言、発出中」福岡県製作の動画が話題

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. ワクチン接種の新システム、国は個人情報扱わない方針 自治体などが情報登録

  5. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです