メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リポート2020

役者がマウスシールド着用する演劇とドライブインシアター コロナでも楽しめる娯楽探り

マウスシールドを着用し、練習に励む役者。本番も同様にマウスシールドを着用する=宮崎県綾町北俣の綾町ふれあい合宿センターで2020年8月23日、杣谷健太撮影

 新型コロナで中止や延期となるイベントが多い中、感染予防のために役者がマウスシールドを着用する演劇が29、30日、宮崎市で上演される。乗車したまま映画鑑賞する「ドライブインシアター」も各県で上映されるなどコロナ下での娯楽の形が模索されている。【杣谷健太】

 23日夜、宮崎県綾町の町ふれあい合宿センターで「29万の雫(しずく) 2020」の通し練習が行われていた。2010年に県内で起き、牛や豚など約29万頭が殺処分された家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」がテーマ。役者17人が口元に着用する透明のマウスシールドは本番でも使う。「ウイルス」がテーマの劇だけに違和感はなかった。

 「29万の雫」は、畜産農家や獣医、行政職員らの証言を再構成して作品にした。初演は12年で、15年に内容を一新した。

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文1010文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 特集ワイド 令和おじさん、パンケーキおじさん 「庶民派」菅首相の正体 中島岳志・東工大教授に聞く

  4. 学生陸上で性的書き込み ライブ配信のメッセージに 競技連合「侮辱行為だ」

  5. データで見る将棋 王将戦リーグ 藤井王位が単独首位で挑戦する可能性は1万6000分の1?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです