メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪・関西万博ロゴ決定 赤い細胞に70年ロゴ取り入れ「いのちの輝き」表現

最優秀作品に決まった大阪・関西万博のロゴマーク=大阪市北区で2020年8月25日午後2時11分、久保玲撮影

 2025年大阪・関西万博の運営を担う日本国際博覧会協会(万博協会)は25日、万博を象徴する公式ロゴマークを発表した。さまざまな形の赤い楕円(だえん)を細胞に見立てて大阪府の形のようにつなぎ、テーマにある「いのちの輝き」を表現。1970年大阪万博のロゴの一部も細胞核に見えるように配置した。開催に向けて機運を高めるために使…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文404文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  2. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  3. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

  4. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

  5. 安倍政権が残したもの 政治的下心のため経済政策を利用した“アホノミクス”の大罪 浜矩子氏が斬る「景気回復」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです