特集

入管・難民問題

国外退去処分になった外国人の入国管理施設での扱いが注目を集めています。難⺠に厳しいと言われる日本。人権は守られている︖

特集一覧

コロナで帰国困難な外国人実習生 他職種に「転職」可能に 入管庁

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 出入国在留管理庁は25日、新型コロナウイルスの影響で技能実習期間終了後も帰国できない外国人が増えているとして、支援策を拡充すると発表した。現在は技能実習と同じ職種でしか就労継続を認めていないが、9月上旬から他職種への「転職」も可能とする。

 入管庁によると、実習後に帰国困難な外国人は21日時点で約2万4200人に上り、今後も増加を見込んでいる。

 実習生は実習期間を終えると、原則在留資格がなくなり帰国しなければならない。コロナの支援策として、帰国ができない場合は「特定活動」の在留資格を認め、実習と同じ職種での就労を可能としていたが、経済状況が悪化しており、同一職種に限ると就労継続が困難だと判断した。

この記事は有料記事です。

残り163文字(全文465文字)

【入管・難民問題】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集