あっさり風味「こおろぎだし」いかが? 食用コオロギ使い京都のベンチャー発売

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
バグモが発売した「こおろぎだし」
バグモが発売した「こおろぎだし」

 昆虫食のベンチャー企業「バグモ」(京都市上京区)は、食用コオロギのパウダーに野菜のうまみを加えた「こおろぎだし」を発売した。サクラエビに似たあっさりした風味で、洋風料理に向いている。

 原料のコオロギは、アフリカ原産の食用の小型な種類。野菜や豆などの植物性飼料のみを使ってベトナムで飼育している。乾燥し、粉末にした「こおろぎ粉」は、うまみ成分の…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文432文字)

あわせて読みたい

注目の特集