メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風、過去40年で変化 多く、強く、遅くなった… 気象庁が分析

傘も役に立たない暴風雨の中を歩く観光客ら=那覇市で2019年9月、森園道子撮影

 日本の太平洋側に接近する台風が過去40年で増加しており、東京では1シーズンあたり1.2個増えていたと、気象庁気象研究所が分析結果を発表した。接近する台風はより強くなった上、移動速度は遅くなっていたという。

 気象研によると、台風は1981~2010年で年間平均25.6個発生し、うち平均11.4個は日本の気象台などから300キロ以内に中心が近づいている。

 1980~2019年の観測データを統計学的に処理したところ、19年までの後半20年間に東京に接近する台風は1シーズン平均2.35個で、前半20年間に比べ約1.5倍だった。これを増加率で分析し直すと、40年間で1.2個増えたことになるという。

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文748文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 英変異株、東京でも初の市中感染確認 10歳未満の女児、英国滞在歴なし

  2. 自民・世耕氏、河井案里被告は「辞職しても仕方ない」 党幹部が初の公式言及

  3. 強気、棒読み、読み間違い…首相答弁に野党反発 予算委論戦に与党から不安の声

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです