特集

気候変動

気候変動対策強化へ世界が動き始めました。日本も新たな目標を設定。地球を守るために何が必要でしょうか。

特集一覧

台風、過去40年で変化 多く、強く、遅くなった… 気象庁が分析

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
傘も役に立たない暴風雨の中を歩く観光客ら=那覇市で2019年9月、森園道子撮影
傘も役に立たない暴風雨の中を歩く観光客ら=那覇市で2019年9月、森園道子撮影

 日本の太平洋側に接近する台風が過去40年で増加しており、東京では1シーズンあたり1.2個増えていたと、気象庁気象研究所が分析結果を発表した。接近する台風はより強くなった上、移動速度は遅くなっていたという。

 気象研によると、台風は1981~2010年で年間平均25.6個発生し、うち平均11.4個は日本の気象台などから300キロ以内に中心が近づいている。

 1980~2019年の観測データを統計学的に処理したところ、19年までの後半20年間に東京に接近する台風は1シーズン平均2.35個で、前半20年間に比べ約1.5倍だった。これを増加率で分析し直すと、40年間で1.2個増えたことになるという。

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文748文字)

【気候変動】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集