20年上半期の出生数43万709人に 00年以降最少、少子化加速か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
厚生労働省=東京都千代田区霞が関で
厚生労働省=東京都千代田区霞が関で

 厚生労働省が25日公表した人口動態統計(速報値)によると、2020年上半期(1~6月)の出生数は43万709人と、前年同期比で8824人減少した。上半期の速報値でみると、00年以降では最も少ない。19年の出生数は86万5234人(概数)と過去最少を更新したが、同省担当者は「さらに減少する可能性がある」と話す。

 今年6月に公表された19年の出生数は1899年の統計開始以降、最も少なく、初めて90万人を割り込んだ。政府が7月31日に閣議決定した20年版少子化社会対策白書では「『86万ショック』とも呼ぶべき状況」と警鐘を鳴らしている。

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文461文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集