メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥取県で全国初「クラスター条例」成立 施設名公表や営業停止勧告可能に

鳥取県庁=萱原健一撮影

 鳥取県内で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した場合、県が施設名の公表や営業停止を勧告できる条例が25日、県議会で全会一致により可決、成立した。県によるとクラスター対策に特化した条例は全国初で、9月1日に施行される。

 条例では、県は5人以上のコロナ感染者が確認され、まん延防止の必要があれば、店舗や施設の名称を公表。対策を取らなければ営業停止を勧告する。ただし、…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文475文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  5. 「政府が記録残すのは当然」新書版で削除 菅首相の著書「政治家の覚悟」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです