特集

2020大阪都構想

2020年11月1日投開票の大阪都構想住民投票を巡る動きを追います。

特集一覧

大阪都構想の制度案、自民府議団は自主投票へ 賛否同数、28日採決

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
会合終了後、自民党大阪府議団内での都構想への賛否が同数となったことを説明する原田亮幹事長(右)と奴井和幸総会議長=大阪府庁で2020年8月25日午後5時45分、石川将来撮影
会合終了後、自民党大阪府議団内での都構想への賛否が同数となったことを説明する原田亮幹事長(右)と奴井和幸総会議長=大阪府庁で2020年8月25日午後5時45分、石川将来撮影

 大阪市を廃止し、四つの特別区に再編する大阪都構想の制度案について、自民党大阪府議団は25日、28日の府議会本会議での採決は団としての賛否を決めず、各議員の自主投票とすることを決めた。この日の会合で16人の議員が無記名投票した結果、賛成、反対が8人ずつで同数だった。11月1日に実施予定の住民投票に向けて、各議員の判断で活動するという…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文418文字)

【2020大阪都構想】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集