特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月9日~25日)の特集サイトです。

特集一覧

甲子園優勝選手がたどった道 JR運転士から野球に回帰 高校体育教師、そして大学野球部監督

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新潟医療福祉大の鵜瀬亮一監督=鵜瀬監督提供
新潟医療福祉大の鵜瀬亮一監督=鵜瀬監督提供

 甲子園優勝で完全燃焼し、大学では野球から離れた。しかし、JR西日本に入社後、ある事故をきっかけに、野球への思いが再燃する。西武の松坂大輔投手と同学年でもある新潟医療福祉大の鵜瀬亮一監督(40)が歩んできた人生とは――。【上鵜瀬浄】

 鵜瀬監督は、智弁和歌山高2年だった1997年の第79回全国高校野球選手権大会でチームの初優勝に貢献した。2番・左翼として全5試合にフル出場し、毎試合の9安打を記録した。準決勝の浦添商高(沖縄)戦では九回2死一、三塁で左翼への大飛球を好捕して先制点を許さず、延長十回サヨナラ勝ちを呼び込んだ。平安高(現龍谷大平安高、京都)との決勝は先制打を放った。翌98年夏の甲子園は主将としてチームを引っ張り、16強入りした。

 「頂点に立って、やりきった気持ちになり、新しいことに挑みたかった」

 早大に進んだものの、野球部…

この記事は有料記事です。

残り708文字(全文1078文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る