メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラカタ

沖縄と放送への思い全国へ FM局「J-WAVE」プロデューサー 高知尾綾子さん

=J-WAVE提供

 プロデューサーを務めた特別番組「GENERATION TO GENERATION~STORIES OF OKINAWA~」(昨年6月放送)が7月、第57回ギャラクシー賞のラジオ部門大賞に選ばれた。フリーキャスターのジョン・カビラが、米軍統治下の沖縄でアナウンサーなどを務めた父の川平朝清(かびらちょうせい)氏(92)に、沖縄の戦後史や放送の仕事への思いを聞くインタビュー番組。「出演者とスタッフが心を込めて制作しました。多くの人の心に響いたことはうれしい」と受賞を喜ぶ。

 番組では、日本兵として台湾で終戦を迎えた朝清氏が、引き揚げ直後に見た沖縄の無残な姿や、米軍政府に放送局設立を求めた体験を、息子に語り聞かせるように紹介。米軍基地問題を抱える今の沖縄についても考えを述べた。「朝清さんは見識ある語り口の中にユーモアがあり、随所に心に刺さる話があった」

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文793文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. NHK、大河と朝ドラの収録を一時休止 撮影現場で安全対策限界

  3. 特集ワイド 政府・与野党連絡協議会の次は 国難コロナで大連立機運? 対応専念で一時休戦/森友など覆い隠される

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 例外いろいろ「屋内禁煙」 罰則も効き目は未知数 改正健康増進法全面施行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです