台風接近 多く、強く、遅く 気象研・過去40年分析 温暖化影響か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本の太平洋側に接近する台風が過去40年で増加しており、東京では1シーズンあたり1・2個増えていたと、気象庁気象研究所が分析結果を25日、発表した。接近する台風はより強くなった上、移動速度は遅くなっていたという。

 気象研によると、台風は1981~2010年で年間平均25・6個発生し、うち平均11・4個は日本の気象台などから300キロ以内に中心が近づいている。

 80~19年の観測データを統計学的に処理したところ、19年までの後半20年間に東京に接近する台風は1シーズン平均2・35個で、前半20年間に比べ約1・5倍だった。これを増加率で分析し直すと、40年間で1・2個増えたことになるという。

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文748文字)

あわせて読みたい

ニュース特集