連載

戦後75年

毎日新聞デジタルの「戦後75年」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

戦後75年

「シベリア抑留死」4万6300人 大学生ら名簿読み上げ 同世代の死者「身近に感じた」 /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
村山常雄さんの遺影の前でパソコンに向かって名簿を読む抑留経験者の西倉勝さん(95)=新宿区神楽河岸で
村山常雄さんの遺影の前でパソコンに向かって名簿を読む抑留経験者の西倉勝さん(95)=新宿区神楽河岸で

 第二次大戦後に元日本兵らが旧ソ連やモンゴルに連行された「シベリア抑留」で死亡した約6万人のうち、氏名の判明した4万6300人を市民らが1人ずつ読み上げる追悼行事が、25日夜まで3日がかりで行われた。11人の学生も参加。「同世代の人が亡くなっていた」と話し、読み上げを通じ亡くなった犠牲者をより身近に感じたようだった。【青島顕】

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文664文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集