メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海キャンパる

戦争と平和、若者が発信 資料館の学生ボランティアを取材 /愛知

角谷実紅さん

 終戦から75年たち、あの戦争を知る人たちが激減する中、体験を引き継ぎ、発信しようと活動する学生がいる。同じ学生として、彼らの思いに触れてみたいと思った。2020年、夏。東海キャンパる編集部は「戦争と平和の資料館 ピースあいち」(名古屋市名東区)でボランティアを続ける2人を取材した。

 ピースあいちは主にアジア・太平洋戦争の教訓を継承するため、市民で2007年に開館。NPO法人が運営し、遺品や資料などの常設展と企画展のほか、語り部・語り継ぎ手の育成にも力を入れている。日々の運営を担うのは約100人のボランティア。現役を退いた高齢者がメインだが、若者の姿も決して珍しくないという。

 名古屋市立大4年の角谷(すみや)実紅(みく)さん(21)は、1年前に活動に加わった。受け付けなど仕事のほか、若者向けイベントの企画や運営にも携わる。もう一人の女子学生(21)も同時期に活動を開始。学生の入館料を無料にして、参加者同士が気軽に話し合える場を提供する「学生の日」には特に力を入れており、積極的にアイデアを提供。コロナ禍の中でも、同世代に一人でも多く参加してもらおうと、今はオンライン企画…

この記事は有料記事です。

残り1165文字(全文1656文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 松本潤「嵐という船を一度降りて」大河主演決意までの葛藤 オファー一度は保留[コメント全文]

  2. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  3. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  4. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  5. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです