タブレット授業スタート 岡崎・新香山中「いろいろできそう」 /愛知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
タブレット端末を使う生徒たち=愛知県岡崎市桑原町の市立新香山中で
タブレット端末を使う生徒たち=愛知県岡崎市桑原町の市立新香山中で

 岡崎市立小中学校の一部で25日、タブレット端末を使った授業が始まった。

 プログラミング教育などを推進する国は小中学校の児童・生徒1人に1台のパソコン・タブレット端末を配備する「GIGAスクール構想」を掲げ、各自治体で整備が進んでいる。岡崎市は市立小47校、市立中20校の計3万2500人が対象で、この日から小学6年と中学1~3年の児童・生徒約1万4500人全員に1台のタブレット端末…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文480文字)

あわせて読みたい

注目の特集