「英語で話したよ」 福住小児童、ネパールと交流授業 天理 /奈良

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
画面を通じてネパールの子どもと交流する福住小の児童=奈良県天理市の市立福住公民館で、廣瀬晃子撮影
画面を通じてネパールの子どもと交流する福住小の児童=奈良県天理市の市立福住公民館で、廣瀬晃子撮影

 天理市立福住小学校の5、6年生の児童とネパールの児童がオンラインで交流する授業が25日、同市福住町の市立福住公民館などであった。

 同小は英語教育に力を入れており、今回はALT(外国語指導助手)のプラダハン・プラジャヤさん(55)の出身地、ネパールの子どもとの交流授業を企画。同小によると、現地の公用語はネパール語だが、…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文402文字)

あわせて読みたい

注目の特集