連載

子どもたちの伝言

子どもたちが抱える学校内外での課題を、執筆者と一緒に考えます。

連載一覧

子どもたちの伝言

学校現場をみつめて/160 心の危機 いじめと同じ構造が /四国

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルス関連の報道が延々と続く毎日です。そこでは、感染者数の増減に一喜一憂し、仮に近県で感染者が出ると、誰がどこで感染したのだろうかと気になってしまうものです。それは良きにつけ悪(あ)しきにつけ、自分にとって必要な情報だと思っているからです。

 以前ならば、ワイドショーにあまり関心はなかったのですが、最近は時間があればチャンネルを合わせています。どうしても公的な発表は、個人情報の問題もあって、オブラートに包んだ内容だったり、非公表だったりしますが、ここでは詳細な情報が得られると思い視聴してしまいます。人は情報に飢えると、何でも受け入れる傾向があるため、ワイドショーのキャスターや解説者のコメントに対して、仮に不確実で辛辣(しんらつ)な情報であっても、全てにうなずい…

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文851文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集