ぬいぐるみ「くじらリー」 4施設スタンプで景品 室戸 /高知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
くじで集められるぬいぐるみ。全てのスタンプを集めると収納用の網バッグがもらえる=高知県室戸市観光ジオパーク推進課提供
くじで集められるぬいぐるみ。全てのスタンプを集めると収納用の網バッグがもらえる=高知県室戸市観光ジオパーク推進課提供

 室戸市内で、ぬいぐるみが当たるくじを引いて回るスタンプラリー「MUROTOくじらリー」が開催中だ。市内で1回1000円のくじを引いてスタンプを集めると「コンプリート賞」がもらえるほか、豪華景品が当たる抽選に応募できる。

 室戸市の「むろと廃校水族館」では、魚のぬいぐるみが当たる「ブリくじ」「サバくじ」が人気。近隣施設でもキンメダイやイルカのぬいぐるみが当たるくじが登場するなど、市内では「ぬいぐるみくじ」がちょっとしたブームになっている。新型コロナウイルスの影響で観光客が減少する中、ぬいぐるみくじを題材に市内を周遊してもらおうと、室戸市がスタンプラリーを企画した。

 対象は、むろと廃校水族館▽室戸ドルフィンセンター▽料亭「花月」▽道の駅「キラメッセ室戸 鯨館」――の4施設。各施設でくじを引くごとにスタンプがもらえて、全てのスタンプを集めると、コンプリート賞として四つのぬいぐるみが収納できる網バッグが贈られる。また100センチ超の特大サイズの魚のぬいぐるみや室戸の特産品が当たる抽選に応募できる。

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文710文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集