メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

75年前の“記憶”ひっそりと 観光にぎわう島に戦争遺跡 福岡・大島 /九州

上空から発見されにくいように、高さ最大約3.5メートルのトンネルで大砲を守っていた津和瀬砲台。75年前は目の前に広がったはずの海が、生い茂る木々で見えなくなっていた

 2017年に世界遺産となって注目された福岡県宗像市の離島・大島。古代祭祀(さいし)や大陸との交流の歴史を伝える島は観光客でにぎわうが、人知れず残る戦争遺跡がある。戦後75年の夏、島を訪ねた。

 島の南西部・津和瀬地区の集落から森の中の道なき道を20分ほど登ると、洞窟の入り口が姿を現した。幅約2・5メートルの暗い洞内を歩いていくと、やがてコンクリートで覆われたトンネル状の空間に出た。太平洋戦争末期の1945年、旧日本陸軍が造った津和瀬砲台だ。大砲が設置されていた扇形の砲座には雨水が溜まり、かつて砲身が向けられた海の方向には木々が生い茂っていた。

 富国強兵を目指した明治期、要衝の関門海峡両岸などに砲台が築かれたが、昭和初期に本土防衛を見据え、玄界灘沿岸部や大島、沖ノ島など島しょ部にも砲台が設置された。

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文777文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  3. 時津風親方、初場所中にマージャン店へ 2度目の違反 厳罰の可能性

  4. 豚熱発生の養豚場290頭の殺処分決定 野生動物から感染の可能性 和歌山

  5. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです