メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

飛躍する東京・立川エリア=ローカルファースト研究所代表取締役・関幸子

 政府の観光支援策「Go Toトラベル」が始まった。残念なことに東京都民が対象外となったこともあり、近くで3密にならない場所を探したところ、東京都立川市に開業した「SORANO HOTEL」がうってつけだった。コンセプトに「ウェルビーイング(心身の幸福)」を掲げたこのホテルでは、空間、サービス、アメニティーなどすべてが調和し、ゆったりとした「時」を過ごすことができた。

 ホテルを整備したのは地元企業「立飛ホールディングス(HD)」(村山正道社長)。戦前は「立川飛行機」として「赤とんぼ」や「隼」など約50機種、1万機弱の飛行機を製造し、最盛期には従業員数4万2000人を抱えていた。戦後、連合国軍総司令部(GHQ)に不動産の大半を接収されたが、1977年の返還後は不動産賃貸を中心に事業展開している。

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文699文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 首相「50年までに温室効果ガス排出実質ゼロ」表明へ 国際圧力高まり対策強化

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  5. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです