メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

モーリシャス油流出 サンゴ砕け海白濁 座礁船、海底こする

モーリシャスの座礁現場から800メートルほど離れた海中。破壊されたサンゴ礁から流れた破片で水が白く濁っている=2020年8月24日(国際協力機構提供)

 西インド洋のモーリシャス沖で大型貨物船「わかしお」が座礁し重油が流出した事故で、現地で活動している日本の国際緊急援助隊(第2陣)が25日、テレビ電話で記者会見した。座礁した船体でサンゴ礁が破壊され、細かい破片となって流出し、現場海域が白濁していると指摘。影響で周辺のサンゴが死ぬ恐れがあり、対策が必要と話した。

 わかしおは7月25日にモーリシャス沖約1・7キロのサンゴ礁で座礁。船体は二つに割れ、前方部分は既に現場から撤去された。援助隊の第2陣は環境省の専門家ら7人で、今月21日から現地で調査を行っている。

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文766文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「西大寺会陽」無観客で開催へ 日本三大奇祭の一つ 「宝木」争奪戦も中止 岡山

  2. 安倍前首相、自身への事情聴取要請「聞いていない」 「桜」前夜祭

  3. 新型コロナ GoToトラベル延長 来年6月まで 政府方針

  4. 新型コロナ GoToトラベル 東京発着解約、13日まで無料

  5. 安倍前首相本人に任意聴取を要請 「桜を見る会」前夜祭 東京地検特捜部

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです