特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

殺虫剤、パーマ剤…コロナ下で売れた意外な商品 その理由は?

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
殺虫剤などを並べた量販店の売り場=アース製薬提供
殺虫剤などを並べた量販店の売り場=アース製薬提供

 新型コロナウイルスの影響で売り上げが急減した商品やサービスが多い一方、巣ごもり需要やテレワーク拡大の恩恵を受け、販売が伸びた商品もある。即席麺やパソコン、ゲームソフトなどが代表例だが、他にも意外な商品の売れ行きをライフスタイルの変化が後押ししている。

 「外出自粛では殺虫剤は売れなくなる……」。新型コロナの感染が全国に広がり始めた今年春、殺虫剤大手アース製薬(東京都千代田区)の経営戦略担当者は頭を抱えていた。ところがふたを開けてみれば、1~7月の殺虫剤の売り上げは前年同期を約2割上回る結果になった。

 その要因はテレワークと「3密」回避。同社の分析では、自宅でパソコンに向かって仕事をしていると、換気のために開けた窓や玄関から飛んで入ってくる虫のわずかな羽音が気になる人もいるという。休憩中に腰掛けるソファや布団に潜むダニが気になる人もおり、殺虫剤の中でもダニよけ用品の売り上げは約6割増と顕著に伸びている。

この記事は有料記事です。

残り848文字(全文1254文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集