ベラルーシ情勢で米露協議 対話促進へ国外の第三者寄与で一致

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ロシアのラブロフ外相は25日、モスクワでビーガン米国務副長官と会談し、大統領選を巡る混乱が続くベラルーシ情勢について協議した。ラブロフ氏は会談後に政府系テレビで、米国側はベラルーシ政権と反政権側の対話促進に向け国外の第三者が寄与すべきだと主張し、ロシア側もそうした取り組みを支持したと語った。

 一方でラブロフ氏は、選挙で2位だった反…

この記事は有料記事です。

残り100文字(全文267文字)

あわせて読みたい

注目の特集