メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者・清六の戦争

/12 明日の命も知れぬ日々 最前線の兵士たちは奪い合うように読んだ

「神州毎日」が作られていた日米の激戦地・イポダム。山の中腹に日本軍の壕があったという=フィリピンで2020年3月11日、伊藤絵理子撮影

 マニラ新聞社を脱出した伊藤清六らは新たな拠点を求め、ルソン中南部を守る軍司令部へ向かった。米軍の進撃は予想以上に早く、確保した拠点を使えず軍に頼るしかなかったようだ。だが、食糧不足を理由に受け入れを拒まれた。

 マニラ北東約50キロのイポダムにたどり着いたのは1945(昭和20)年2月上旬。ルソン島は航空機も戦車も尽き、米軍の日本本土への上陸を遅らせるための持久戦に突入していた。天然の要塞(ようさい)だったイポダムでは、河嶋修兵団長率いる「河嶋兵団」の約1万人が多数の壕(ごう)を掘り、陣地を築いていた。

 南條真一編集局長と清六が新聞発行を提案すると、河嶋兵団長は即座に了承した。寄せ集めで編成された兵団の士気を鼓舞するため、陣中新聞は役立つと考えたのだろう。

この記事は有料記事です。

残り1649文字(全文1981文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 新閣僚「人となり報道」は本当に必要か? 香港からの問いかけ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 東京で新たに220人の感染確認 200人超えは6日ぶり 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです