ラーメンで引き寄せ「グリコサイン」で締めた?佐藤琢磨が語るインディ制覇の舞台裏

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
インディ500で2度目の優勝を果たし、喜ぶ佐藤琢磨(中央)=インディアナポリスで2020年8月23日、AP共同
インディ500で2度目の優勝を果たし、喜ぶ佐藤琢磨(中央)=インディアナポリスで2020年8月23日、AP共同

 自動車の世界3大レースの一つ、伝統のインディアナポリス500マイル(インディ500)で3年ぶり2回目の優勝を果たした佐藤琢磨(ホンダ)が25日、オンラインで記者会見し、レース後に見せた“あの”ポーズの理由や、結束を高めた勝負めしなど、勝利の舞台裏を明かした。

 会見で佐藤は「うれしいの一言。(新型コロナウイルスの)パンデミックの中、明るいニュースを届けられた」と喜んだ。104回目のレースで複数回優勝するのは20人目で「伝説的なドライバー(の歴史)に自分の名前が入るとは夢にも思わなかった」と話した。

この記事は有料記事です。

残り739文字(全文990文字)

あわせて読みたい

注目の特集