メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京大が活動再開 関西学生野球秋季リーグ6校そろう 9月5日開幕へ

2019年秋季リーグの同志社大戦でサヨナラ勝ちし、38季ぶりの最下位脱出を決めて喜ぶ京都大の選手たち=神戸市のほっともっとフィールド神戸で2019年10月14日午後4時29分、伝田賢史撮影

[PR]

 関西学生野球連盟に加盟する京大は26日、新型コロナウイルスの影響で自粛していた活動を約1カ月ぶりに再開した。大学側が課外活動を条件付きで認めたためで、関西学生秋季リーグ戦(9月5日開幕予定)は6校そろって実施される見通しになった。連盟の村山嘉男理事長は「他校に比べてチーム練習が著しく不足している」として、京大の試合を第1節には組まない方針を示した。

 京大は新型コロナの影響で、3月末から活動を自粛。7月10日に再開したが、学内の硬式野球部以外の団体で学生の感染が判明したため、21日から再び活動自粛に入っていた。【石川裕士】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NY株反落525ドル安 米与野党協議難航に嫌気、1カ月半ぶり安値水準

  2. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  3. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  4. ミュージカル「刀剣乱舞」東京公演、関係者のコロナ感染で中止

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです