メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

警官が黒人男性銃撃 NBA・MLB地元チーム、試合ボイコット

試合が延期され、無人となったプロバスケットボールNBAのコート=米フロリダ州で26日、AP

 米中西部ウィスコンシン州ケノーシャで23日、黒人男性が警察官に背後から7回銃撃された事件を受け、同州を本拠地とするプロバスケットボールNBAのバックスが黒人差別に抗議して26日の試合をボイコットした。このため、バックスの試合を含む同日に予定されていたプレーオフ全3試合が延期された。また、大リーグ(MLB)では本拠地が同州のブルワーズなども出場を拒否し、複数の試合が延期となった。社会問題を理由としたプロスポーツのボイコットは極めて異例だ。

 バックスはボイコットについて、共同オーナー3人の連名で「選手たちの決断を強く支持する。人種的不公正に光を当てることが変化への唯一の道だ」との声明を出した。

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文603文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 特権を問う 寺島実郎氏「根底に保護領意識ある米国」 中国との対立は危険 地位協定改定し、日本は主権取り戻せ

  3. 巻き添えの19歳女子学生が死亡 大阪・梅田HEP FIVE転落

  4. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  5. なぜ? 日焼け止め、防寒着、水筒に氷入れ→校則やルールで禁止 熊本市立の小中高アンケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです