連載

詩の橋を渡って

毎日新聞デジタルの「詩の橋を渡って」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

連載 詩の橋を渡って

生の意味を手探り=和合亮一(詩人)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
詩人の和合亮一さん
詩人の和合亮一さん

8月

乗り合わせているのはみんな

生きのびてふたたび通い慣れた者たちだ

私を運び、私を停止させ、私を殺す

大きなもの、あらがいがたいもの

 猛暑が続く。コロナウイルスの心配からマスクをするしかないが、炎天下では本当に苦しい。七年ぶりの第七詩集。細見和之さんの「ほとぼりが冷めるまで」(澪標)の冒頭の小気味よい数編に涼しさを感じた。「パパって小柄やったんやね/別に咎(とが)めるでもなく娘がそう言う」「ただ父として娘の前に立っていた/いままではこんな私がそれ相応に大きく見えていたのだ」「娘のひとことに眩暈(めまい)のする午後」。親なら経験する一コマである。

 家族の歴史の中にあった様々な事実を丹念に歌い上げる。そこにユーモアも寂しさもある。様々なめまいの瞬間を込めるのを忘れない。「家族の夕暮れは不意に訪れるものなのだ/星はちりぢりに散らばって/どんな形だったかもう誰にも分からない」。形とは星座のことを指すのだと前半で分かる。ここには歳月を経た家族の風景が描かれている。

この記事は有料記事です。

残り866文字(全文1297文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集