東日本大震災

潮来の水路、護岸復旧へ 震災で崩壊 テレビ番組で発覚 /茨城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東日本大震災で損壊した潮来市前川の農業用水路の護岸が来年、約10年ぶりに復旧されることになった。数億円が見込まれる総事業費の全額を、県内向けは来年3月打ち切りが決まっている国の震災復興特別交付税交付金(復興特交)で調達するめどが付いたという。市の関係者らが26日、明らかにした。

 復旧するのは「道の駅いたこ」前を起点に約4キロにわたって東西に延びる水路。テレビ番組の収録のため昨年11月、水路の一部約1・3キロの水を抜いて干上がらせた際、崩れていたのが発覚した。2011年3…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文596文字)

あわせて読みたい

注目の特集