レオパレス訴訟、男性の訴え棄却 地裁・請求権消滅 /岐阜

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 所有する賃貸アパート大手「レオパレス21」(東京)のアパートに建築基準法に違反する施工不良があったとして、岐阜市の50代男性が同社に補修工事費など約2000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、岐阜地裁(鳥居俊一裁判長)は26日、請求を棄却した。鳥居裁判長は判決理由で「建物の引き渡しから20年以上が…

この記事は有料記事です。

残り177文字(全文327文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集