奥飛驒「大和館」、自己破産申請へ コロナで宿泊急減 /岐阜

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 高山市の奥飛驒温泉郷で旅館を経営する「大和館」が、自己破産を申請する準備に入ったことが25日、分かった。帝国データバンク富山支店によると、新型コロナウイルス感染拡大による宿泊客の急減が響いた。負債は約1億9000万円。

 富山支店によると、大和館は1953年設立で、温泉旅館「やまと館」を奥飛驒温泉郷…

この記事は有料記事です。

残り114文字(全文264文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集