メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

低濃度オゾンを活用 藤田医大、病院のコロナ対策に /愛知

 藤田医大(豊明市)は26日、人体に影響がないとされる低濃度のオゾンでも、新型コロナウイルスの感染力を低下させられることを確認したと発表した。ウェブ上で記者会見した湯沢由紀夫病院長は「院内感染のリスクを減らす効果が期待できる」と話した。9月初旬から、大学病院の発熱外来などで低濃度オゾンによる感染対策を始める。

 研究チームによると、低濃度オゾンはインフルエンザウイルスや緑膿菌などの感染力を抑える効果があり、救急車でも使われている。新型コロナには、高濃度オゾンの効果が確認されている。

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  4. セガサミー「助っ人ルーキー」大内が躍動、充実感も 「来年は自チームで」 都市対抗

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです