メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 県内初クラスター 山陽小野田で飲食店関係者計14人 県発表 /山口

記者会見でクラスターの発生や今後の対応を説明する村岡知事

 山陽小野田市の接待を伴う飲食店スタッフと客で相次いでいる新型コロナウイルス感染について、県は26日、県内初のクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。この日までに感染が判明したのは客10人とスタッフ4人の計14人。県は、店の立地する同市日の出地域で感染者が他の飲食店も訪れているとして、地域の酒類提供飲食店(約70軒)の全従業員を対象にPCR検査を進める。

 23日までにスタッフと客計8人、24日夜に客2人の感染が明らかにされていた。26日は新たに20代会社員男性(山陽小野田市)▽40代会社員男性(同)▽70代自営業男性(同)▽30代自営業男性(山口市)の客4人の感染が発表された。

この記事は有料記事です。

残り608文字(全文903文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前回4強すべて初戦敗退 ヤマハ投手陣、日立製作所封じる 都市対抗野球

  2. ピンクマスクでいじめNO 名張高生が学校祭で配布し呼びかけ 三重

  3. トランプ氏「ホワイトハウスを去る」 バイデン氏の当選確定したら 負けは認めず

  4. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  5. 東京都内で570人の感染確認 過去最多を更新 重症者1人増え61人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです