メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米軍岩国基地にF35B16機追加配備 計32機に 防衛省が市、県に説明 /山口

 防衛省の鈴木敦夫・地方協力局長らが26日、岩国市役所と県庁を訪れ、米軍岩国基地(岩国市)に16機のステルス戦闘機F35Bを追加配備する米軍の計画を説明した。基地には既にF35Bが16機配備されており、追加後は計32機になる。市と県などは騒音拡大の懸念があるとして、防衛省が作成中の騒音予測コンター(地図)の提示などを受け、可否を判断するとしている。

 鈴木局長らは26日、市役所で福田良彦市長ら、県庁で村岡嗣政知事や基地周辺の和木、周防大島両町長らと面談。防衛省側は米軍が10月以降、岩国基地常駐のFA18戦闘攻撃機(12機)の機種を更新する形でF35Bを16機配備すると説明した。また、配備開始や完了の時期などについては、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、米側で調整中とした。福田市長は「騒音による住民生活への影響、安全性や運用について文書で…

この記事は有料記事です。

残り165文字(全文540文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大都市部高止まり傾向 東京561人、大阪463人 全国最多更新 新型コロナ

  2. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  3. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. 日本銀行が国内株の最大保有者に浮上 時価45兆円 GPIFを抜いたか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです