メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立憲県連、全員で新党へ 武内代表「合流、白石氏と協議」 /愛媛

常任幹事会後、報道陣の取材に応じる立憲民主県連の武内則男代表=松山市内で、木島諒子撮影

 立憲民主党と国民民主党が解党し、合流新党を結成する方針を決めたことを受け、立憲県連は25日、松山市内で常任幹事会を開き、所属する全議員と次期衆院選などの立候補予定者が新党に参加することを確認した。

 合流新党を巡っては、国民県連の白石洋一代表(衆院愛媛3区)が「状況を見極めたい」として態度を明言して…

この記事は有料記事です。

残り173文字(全文323文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 現職の吉村美栄子氏が4選 自公推薦の新人破る 山形県知事選

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです