連載

ポストコロナを語る

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全国で解除され、少しずつ日常が戻りつつある。私たちは世界を覆うこの災厄から何を学んだのか。九州・山口ゆかりの識者や著名人に話を聞く。

連載一覧

ポストコロナを語る

自然栽培農家・僧侶、中村明珍さん 生とはなにか再考し覚醒を /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
中村明珍さん=本人提供
中村明珍さん=本人提供

 新型コロナウイルス禍を機に現代社会を問い直す人も多い。ロックバンド「銀杏(ぎんなん)BOYZ」のギタリスト・チン中村として活躍し、現在は瀬戸内の島で自然栽培農業に取り組む中村明珍さん(41)=山口県周防大島町=が今をどう捉えているか聞いた。

――周防大島でも学校が休校となりました

 ◆今までの枠組みから外に出る期間だったと思います。家で子供と何を教えるでもなく同じ時間を過ごしたり、知らないことを一緒に学べたり。でも学校に戻ると根本的な仕組みに変化がなかった。コロナ禍は誰もが経験のない非常時だから、正解を知る人はいない。だけど学校は以前通りを目指し、正解を答えることに価値を置く。問題を再生産している気がします。

この記事は有料記事です。

残り702文字(全文1009文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集