メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

死後の手続き、自分で 「迷惑かけぬ」銀行信託/葬儀や片付け、事務委任

自身が亡くなった後の手続きに関する契約を結んだ男性(左)。右は三井住友信託銀行の担当者=東京都内の男性の自宅で

 社会の高齢化に伴い、1人暮らしの高齢者が増えている。国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、2020年には65歳以上の男性の15・5%、女性の22・4%が1人暮らしで、今後も増える見通しだ。身寄りがない人も多く、自身の死後の葬儀や諸手続きを誰に任せるかという不安を抱える高齢者は少なくない。どのような備えが必要になるのか。【三上剛輝】

この記事は有料記事です。

残り1788文字(全文1958文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センバツ21世紀枠候補・知内 過疎の町の宝が掲げる「全員が脇役、全員が主役」

  2. センバツ21世紀枠 候補校紹介/1 知内(北海道) 「聖地」再訪へ、打撃強化

  3. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです