メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

川下優一さん=「記者トレ」を導入した高校教諭

 情報を整理し、文章や映像で表す力を養う「表現探究コース」が今年度、奈良県立香芝高校の普通科に新設され、6月から本格的に授業を始めた。コミュニケーション能力と文章力を学ぶ毎日新聞社製作の教育プログラム「記者トレ」を課程に導入。全国的にも珍しい分野を履修する1年生40人に、インタビューのコツや論理的に書くポイントなどを週1コマ教える。「指導法はゼロからの手探り。一方的に教えるのでなく、生徒と一緒に学んで成長したい」

 読書が嫌いで外遊びが好きな子供だった。「順序立てて考えれば答えがスパッと出るのが楽しかった」という算数は得意で、大学で数学を研究。中学生との勉強合宿で、共に触れ合い学ぶことに魅力を感じて教師の道へ。数学と情報科目を担当する6年目の若手に、「特色ある学校」の担い手として白羽の矢が立った。「国語は苦手だが、教科の枠を超えた分野。挑戦しかない」と気持ちを高める。

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文703文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  5. 「政府が記録残すのは当然」新書版で削除 菅首相の著書「政治家の覚悟」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです