メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外巨人、セ・リーグ2連覇 38回目
いきものと生きる

外来種から森防衛に奮闘=五箇公一

五箇公一さん制作のオオスズメバチのコンピューターグラフィックス=本人提供

 昨年末にカナダと米国で日本産のオオスズメバチが侵入していることが確認され、現地ではかなり大きな話題になっている。北米にはこんな大きなスズメバチは生息していないので、その姿形のいかつさに、思わず現地メディアも「殺人スズメバチ」と称して、その恐怖イメージを拡散してしまった。

 日本人ほど虫になじみがあるお国柄でないため、今、多くの米国人がこの「殺人スズメバチ」への恐怖から、ハチと思(おぼ)しき昆虫を見たら手当たり次第に殺虫剤を噴射して駆除するという昆虫受難の事態を招いているらしい。

 米本土に生息するオオスズメバチは外来生物であり、分布が広がらないうちに早急に駆除する必要があるだろう。一方、原産地の日本でも、最近は住宅街や都市部へのスズメバチ類の進出が問題となっており、巣が大きくなるこれからの季節は駆除業者の出番が多くなる。

この記事は有料記事です。

残り887文字(全文1251文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 4800万円脱税罪、人材派遣会社を起訴 横浜地検 売り上げ6億円申告せず

  2. 神奈川・逗子斜面崩落 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです