メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「NFLヒーローになる」 日本代表主将・近江、退路断ち挑戦

TSL選抜戦でプレーする近江(中央)=日本社会人アメリカンフットボール協会提供

 かつて戦隊ヒーローに憧れた少年がアメリカンフットボール日本代表の主将へと成長し、日本選手が誰も成し得ていない米プロフットボールNFLに挑戦しようとしている。各年代で主将としてリーダーシップを発揮してきた24歳のワイドレシーバー(WR)は、退路を断つように大手損害保険会社を退職。その直後に新型コロナウイルスの感染拡大で計画が白紙になったが、歩みを止めることのないメンタリティーの強さに迫った。

 挑戦者の名前は近江克仁(よしひと)。今年2月、5年ぶりに招集された日本代表に名を連ね、「NFL予備軍」と呼ばれる相手との試合で見せたプレーで評価を一気に高めた。

この記事は有料記事です。

残り1505文字(全文1783文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

  5. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです