JR九州、佐川急便と「貨物混載」の実証実験 九州新幹線で鮮魚など高速輸送

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
JR九州本社=浅川大樹撮影
JR九州本社=浅川大樹撮影

 JR九州と佐川急便は26日、宅配便の荷物を九州新幹線で運ぶ「貨客混載事業」の実証実験を始めると発表した。博多―鹿児島中央間を最速約1時間半で結ぶ強みを生かし、飲食店向け鮮魚の輸送など、短時間で届けるサービスの事業化の可能性を探る。

 実証実験の開始時期は未定。事業化されれば、九州新幹線を使った貨物輸…

この記事は有料記事です。

残り154文字(全文304文字)

あわせて読みたい

ニュース特集