私立「京都芸術大」の名称差し止め認めず 市立芸大の請求棄却 大阪地裁判決

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
私立京都芸術大=京都市左京区で2019年8月28日午後0時4分、菅沼舞撮影
私立京都芸術大=京都市左京区で2019年8月28日午後0時4分、菅沼舞撮影

 類似した大学名は混乱を招くとして、京都市立芸術大(京都市西京区)が、旧京都造形芸術大から名称変更した私立「京都芸術大」(同市左京区)の運営法人「瓜生山(うりゅうやま)学園」に新名称を使用しないよう求めた訴訟の判決で、大阪地裁は27日、市立芸大側の請求を棄却し、新名称の使用差し止めを認めなかった。

 京都芸術大は4月、開学30年記念事業の一環で、京都造形芸術大から改称した。略称は「瓜芸(うりげい)」「KUA」とし、市立芸大の略称「京都芸大」「京芸」は使わないと説明している。

 市立芸大は19年9月、京都芸大などの略称は知名度が高く、新名称は不正競争防止法が禁じる著名表示の無断使用などに当たるとして提訴していた。【伊藤遥】

この記事は有料記事です。

残り637文字(全文949文字)

あわせて読みたい

注目の特集