メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松江城のお堀でエイがゆらゆら… 宍道湖から迷い込み、年に数件目撃され

松江城のお堀の水面近くを悠然と泳ぐアカエイ=松江市殿町で2020年8月25日午前9時52分、目野創撮影

 コイと一緒にエイがゆらゆら――。松江城(松江市殿町)の周囲を巡るお堀で25日午前、記者が海水魚のアカエイを目撃した。全長約40センチで島根県庁近くの水草が茂る水面近くを泳いでいた。宍道湖から迷い込んだとみられ、夏に見られる光景だという。

 背面の赤褐色が特徴のアカエイはエイの仲間で、大きいものは全長1メートル以上。東アジア沿岸に多く、海底に潜むエビやゴカイを食べる。体はひし形で、長い尾の部…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 山形市の「初市」 位置情報使い、来場者常時5000人に制限 LINEで通知も

  4. クローズアップ GoToトラベル自粛要請 政府と都、急転決着 押しつけ合いの末

  5. 新型コロナ 全国最多4990人、届かぬ支援 自宅療養、不安だらけ 単身者の食事、買い出し行くしか…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです