メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立候補者告示 住所は番地まで掲載せず 性別も非公表に 総務省通知

総務省=東京都千代田区霞が関で、根岸基弘撮影

 総務省は7月、選挙の立候補者の住所を政府発行の官報や自治体の公報などで告示(掲載)する際の範囲を、限定・縮小するよう求める通知を、都道府県選挙管理委員会に送付した。従来は番地まで記載されていたが、今後は国政候補は居住市区町村を、地方候補は字(あざ)や町名までを告示する。旧姓での立候補は「戸籍謄本や抄本の確認で足りる」とし、従来求めていた旧姓あての手紙や旧姓による著書の提出は不要とした。性別もLGBTなど性的少数者に配慮し、公表しないこととする。

 住所の公開でストーカー被害などに遭うケースもあり、地方議員のなり手不足の観点からも改善を求める声が出ていた。

この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1110文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです