メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「妥当だ」「時期尚早」 新型コロナの感染症法措置見直しに現場から賛否の声

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 新型コロナウイルス感染症を巡り、感染症法に基づく措置が見直されることとなった。現在、無症状者への入院勧告などが行われていて、医療機関の病床や保健所の業務に負担がかかっていた。一方、今回の措置の見直しについては、自治体や保健所の関係者からは賛否の声が出ている。

現状に合…

この記事は有料記事です。

残り1897文字(全文2031文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 幻の「逆転2ラン」が招いたボーンヘッド 東邦ガスの好調打線が悔やんだミスとは 都市対抗

  3. 手話で受け付け 病院予約を代行 藤岡市、ビデオ通話 /群馬

  4. 菅首相の声だけ流れる「グループインタビュー」はなぜ行われたのか

  5. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです