閉園としまえん惜別、大仁田「電流爆破デスマッチ」勝利 「8度目の引退」阻止

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
閉園迫るとしまえんで、プロレスラーの大仁田厚選手(右)から電流を浴びる、特別立会人のお笑い芸人「安田大サーカス」のクロちゃん=東京都練馬区で2020年8月27日午後10時8分、吉田航太撮影
閉園迫るとしまえんで、プロレスラーの大仁田厚選手(右)から電流を浴びる、特別立会人のお笑い芸人「安田大サーカス」のクロちゃん=東京都練馬区で2020年8月27日午後10時8分、吉田航太撮影

 今月末で94年の歴史に幕を閉じる遊園地「としまえん」(東京都練馬区)で27日夜、園内一帯を会場とするプロレスが行われた。

 メインの6人タッグマッチには元参院議員の大仁田厚選手(62)が引退を懸けて参戦。得意とする「電流爆破デスマッチ」に勝利し、3年ぶり8度目の引退は避けられた。

 主催した団体「DDTプロレスリング」は…

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文330文字)

あわせて読みたい

注目の特集