メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#最後の1年

公立高の星、コロナでプロ断念 選んだ進路は

高校最後の試合となった福岡地区の独自大会の福岡工高戦。リリーフで登板し、豪快なフォームで投球する牟田稔啓=福岡市内で2020年7月26日(香椎高野球部提供)

 新型コロナウイルスの感染拡大で人生の進路が変わった人は少なくない。福岡県立香椎高野球部3年の牟田稔啓(じんけい、18歳)もその一人。最速145キロを投げる「公立高校の星」としてプロ野球のスカウトから注目される速球派だったが、独自大会後の8月中旬、ドラフト指名の条件となるプロ野球志望届を出さないと決断した。選んだのは以前は考えていなかった進路だった。

この記事は有料記事です。

残り2363文字(全文2539文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. NY株、史上最高値更新 米追加経済対策に期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです