メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コース料理禁止/宴会1品減 「食べ物浪費やめよ」習主席の指示受け 中国メディア提言

食堂入り口に張られた「食べ残さない行動」を呼びかけるポスター=北京市内で

 中国の習近平国家主席が「食べ物の浪費をやめよ」との指示を出し、中国メディアが一斉に報じている。習氏は最近、会議などで、非常時も含めた食糧の安定供給を目指す「食糧安全保障」に触れることも増えている。相次ぐ洪水や新型コロナウイルスの世界的な感染拡大、長引く米中対立など内外の不安定要素への危機意識から、国内安定の基礎である食糧問題に改めて目を向けているようだ。

 国営新華社通信によると習氏は最近、「我が国の農業生産は毎年、豊作が続いているが、食糧安全保障については常に危機意識を持つ必要がある」と強調。「新型コロナウイルスがもたらした影響は、我々に対する警鐘だ。管理を強化し、必ず食品の浪費をやめ、節約を習慣としなければならない」と指示した。

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文698文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本新薬が勝ち越し アーチ2本、三菱重工広島に 都市対抗

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 歌手の小金沢昇司容疑者を酒気帯び運転の疑いで逮捕 容疑認める 警視庁高井戸署

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  5. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです