メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

篠原ともえさん 服作りを模索、シノラーからデザイナーへ コロナ禍に負けず衣装展

衣装のイメージを描く篠原ともえさん=井上佐由紀さん撮影(STUDEO提供)

 「シノラー」と呼ばれた1990年代、奇抜なキャラクターで一躍人気者になった。4月に夫と広告やデザインの会社を設立し、衣装展「SHIKAKU」展の7月開催に向けて準備を急いでいた。そこへコロナ禍――。「どんな形であれ、絶対に開催する」と、衣装展をやり遂げた篠原ともえさん(41)に「コロナ禍で分かったこと」を聞いた。

 この1年、篠原さんは個展に向けて準備をしてきた。文化服装学院の夜間講座に通い、芸能界の仕事を抑え、デザインに集中した。「服の世界に真剣に向き合うアクションをするなら、ゼロから作った物を」。夫の池澤樹さん(39)からそう助言をもらったからだ。池澤さんは博報堂出身で、数々の賞を受賞してきたアートディレクターである。

この記事は有料記事です。

残り2250文字(全文2565文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  2. 気温54.4度の衝撃 異常気象は日常に…? そんな未来で起きること

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 俳優の斎藤洋介さんが死去 69歳 名脇役として映画やテレビドラマで活躍

  5. 国勢調査用の個人情報紛失 大阪・泉南市が22世帯分 氏名や住所、世帯人数記載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです