幻の「蟠桃」収穫が最盛期 高山 /岐阜

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
収穫が最盛期を迎えている、座布団のような形をした蟠桃=岐阜県高山市江名子町の樋口果樹園で
収穫が最盛期を迎えている、座布団のような形をした蟠桃=岐阜県高山市江名子町の樋口果樹園で

 生産者が少なく、一般への流通が限られることから幻の桃とも呼ばれる蟠桃(ばんとう)の収穫が、高山市江名子町の樋口果樹園=樋口義孝さん(61)経営=で最盛期を迎えている。

 蟠桃は「座禅桃」とも呼ばれる。円形の座布団のような形をしていて、大きい物で直径10センチほどある。

 同果樹園は約25年前から栽培を始め、10年ほ…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文393文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集